昼間が人妻のゴールデンタイムという常識が覆されている

MENU

昼間が人妻のゴールデンタイムという常識が覆されている

 

昼間が人妻のゴールデンタイムという常識が覆されている

 

人妻は旦那のいない日中にハメをはずすという認識は昼ドラによって明確なものになったという印象があります。しかし、実際の人妻不倫事情は昼ドラのように日中に出会いを楽しむ人妻ばかりではなくなってきています。

 

人妻が今どんな気持ちでどんなスタイルで不倫をしているのかについてまとめました。

 

昼が会えないというわけではありません

人妻と会える時間帯が昼から夜になったわけではなく昼も当然会えます。以前よりも夜に出会いを求める人妻が多くなったことで昼でも夜でも変わらないレベルで出会えるようになった為、昼にも夜にもそれぞれゴールデンタイムができたということになります。

 

時間帯でいうと昼は家事が落ち着いて自由に時間を使える14時前後、夜はあとは寝るだけ、旦那も寝静まった12時以降が比較的出会いにつながる確率が高くなります。

 

 

より強い刺激を求めて

昼に会う不倫はほとんどのケースが旦那にはバレません。デート中に街でバッタリ旦那に会ったり知り合いに見られてチクられたなどのアクシデントがない限りバレません。最初はバレない不倫を求めていた人妻ですがバレないことに対して「なんだか物足りない」という気持ちが芽生えてスリルを求め始めます。

 

あえて夜に会うスタイル

夜は仕事を終えた旦那が帰宅するので飲みに行くなどで遅くなる日はもちろん、旦那が家に確実にいる時にあえて不倫相手に会いに行く人妻が増えています。

 

旦那が家にいるのに他の男性に会いに行く自分に酔い、見つかるんじゃないかという背徳感は不倫を盛り上げる最高のエッセンス。不倫にハマる人妻はここまでします。なので夜でも人妻が出会いのコミュニティの場でアポをとることができるのです。

 

 

寝静まった寝室で目をギラつかせ

仕事に疲れた旦那とは今宵もノーセックス。結婚当初はあんなに営みがあったのにここ最近は全くなし。女として扱ってくれない前に純粋にセックスしたいと思うのが女です。

 

ムラムラして寝付けない夜はスマホでネットサーフィンをして気を紛らしていると見つける出会いの文字。出会うつもりはないと思っていても性欲に負けてついついチェック。こっそりと掲示板の書き込みや音声メッセージを見たり聞いたりすると

 

「スグに迎えに行きます」「セックスしましょう」「おごります」

 

こんな書き込みや伝言メッセージがあったら食いつくのも当然です。私の気持ちも知らずにいびきをかいて爆睡してる旦那が憎らしくなって勢いで返信。

 

「会いたいです」

 

着の身着のまま家を飛び出してきたというケースが結構あるので写真と実物が違ったと思ってもやさしくしてあげましょう。