メンタル強化が不倫成功への道となる!

不倫を成功させる人、不倫がバレて全てを失う人。いったい何が違うのでしょうか。

 

不倫を失敗する人は

 

 

・スマホの中身を見られてしまった。
・ついた嘘がバレた
・挙動不審な行動をとった

 

 

この三大バレ行為を同時多発的にやらかしてしまう事で不倫の終焉を迎えるカップルが多いです。

 

これはどれも自分の不注意やミスからバレてしまったもので、もし自分が気を付けていれば未だ不倫関係は続いていたはずです。

 

スマホの中身を見られてしまうのは正直防ぐのが難しいです。寝ている時、トイレや入浴時に見られてしまったら抵抗すらできないわけです。

 

しかし、そこで挙動不審な行動やおかしな嘘で自分自身を追い込んでしまっているので、この2つの行動を食い止めれば不倫はまだ続けられる状況のままで保つことができます。

 

 

嘘はつかない

 

電話していたという事実があるのに電話してないと言い張るのは絶対にやめましょう。

 

おそらく怪しい電話をしていたという証拠をつかんでいるからなので、正直にしたと言ってしまいましょう。

 

ここで嘘をつくと疑いの目がずっと続きます。しかし、ここで正直にイエスという事で疑いの目ではなく、誰と何をしていたのかに移行します。

 

一見ヤバそうですが疑いの目が続くよりもよっぽど楽です。あとはやっていないという証拠をみせればいいだけなのですから。

 

電話をしていたよという事実はそのまま事実として認め、何をしていたのかをどう伝えるかがポイントになってきます。

 

挙動不審になるのは良くないことをしているという認識があるから

 

「いつも誰と電話してるの?」

 

と突然聞かれたときに何も答える準備ができていないと

 

「え?誰とって?なになに?」

 

とうまく答えられないと感の良い女性は不倫行為を疑いから確信へと変えて責めてきます。

 

妻に隠れていけないことをしているという認識をもっているからこういった事態になっているので、

 

まずはいけないことなんてしていないという認識に脳内変換させることです。

 

不倫のエッチ電話はただのオナニーだと自分に言い聞かせます。オナニーの為に電話を使っているんだという認識に自分を騙す感覚です。

 

日頃からこうやって認識を変化させておけば突然の不倫疑惑を突き付けられても何もなかったかのように

 

「ごめん、エッチな音声聞きながらオナニーしてた」

 

などの言い訳が顔色一つ変えずにでてくるようになります。不倫なんてしてないよと自分に言い聞かせるようにしてみましょう。メンタルが強くなり、どんな質問にも動じない心を持つことができるようになります。

 

最近はスマホのエッチコンテンツが豊富なのでアリバイになるアプリを一つ落としておくのも一つの手です。