不倫と危険は隣り合わせだから燃え上がる

MENU

不倫と危険は隣り合わせだから燃え上がる

道が険しく困難なほど二人の恋は燃え上がる。

 

不倫と危険は隣り合わせだから燃え上がる

 

知り合いに見られたらどうしよう。。

 

証拠隠滅できてるだろうか。。

 

今日も嘘をついて会いに行こうとしている。。

 

このような焦燥感に似たような気持ちになれる貴方はまだ不倫の中毒にかかっていない正常な状態です。

 

すなわち、不倫をしていてワクワク、ドキドキできる段階。一番楽しい時期です。

 

はじめはこのような気持ちに心を動かされていたけど、今はもう何とも思わなくなってしまったという貴方、重度の不倫中毒に陥っています。

 

重度になると、離婚して一緒になろうという話や、家に全く帰らなくなった状況にまで陥ってる場合が多いです。

 

ここまでくると最初は楽しんでいたはずの不倫が当たり前のものとなり、不倫こそが正義であって今の現状が間違っているというとらえ方になりがちです。

 

離婚などのゴタゴタは嫌だけど一度は不倫してみたいという方がほとんどなのですが、純粋な人ほど深い不倫の底に落ちてしまいがちです。

 

陥ることが間違っているとは言いませんが、家庭をなくす覚悟がない方はまず、下記を参考にカジュアルに不倫することを目的とすることからはじめるのがベターです。

 

 

不倫は身体の関係までに抑える

不倫相手とはセックスだけの関係と自分の中で割り切れていれば全く問題ありませんが、若いころに遊んでいなかった方ほど、身体の関係を持つと相手に感情移入してしまいやすい傾向があるので注意です。

 

感情移入してしまうと相手の悩みや問題を聞いてあげたくなり、解決してあげようという感情が芽生えます。

 

その感情が次第に増幅していき最終的に愛情へと変化を遂げていくのです。こうなると完全に不倫中毒になり抜け出すのに苦労します。

 

身体の関係だけにすると自分に言い聞かせるだけでは不安な場合は、相手にハッキリと自分の口から「身体の関係だけ」と伝えておくこと。

 

決して自分ルールで終わらせずに相手にも伝えることで共通のルールとなり、一線を越えることなくセックスの関係を続けることが可能になります。

 

 

不倫相手を複数作る

 

1人の相手だけとの不倫は気持ちが一点集中するので気持ちが入り込みやすいです。

 

1人との関係より2、3人と関係を持つことで相手に対する気持ちや相手に使う時間が必然的に短くなり気持ちが分散し、気軽にお付き合いを続けることができます。

 

 

長期よりも短期で相手と付き合う

 

不倫相手とのお付き合いは長くなれば長くなるほど関係を断ちづらくなります。

 

本気にならざるを得ない状況を自ら作り出すことになってしまうので一番注意しないといけない部分です。

 

なによりも長期的な関係はマンネリという不倫に一番あってはならない感情が生まれます。

 

不倫は危険でドキドキするから燃え上がるのに、不倫が当たり前になったらもうそれは不倫という名だけの関係になっているということ。

 

当初の目的だったドキドキ、ワクワクを感じながら不倫するなら短期のお付き合いが良いでしょう。

 

短期ならば感情移入する前に別れることができるので中毒になることもありません。

 

 

不倫はイケメン、美人を選べ

 

結婚するなら2、3番目に好きな人を選んだ方が良いと言いますが、不倫の場合は1番好きな相手を選ぶことが理想的。

 

不倫をするようなイケメンや美人はハッキリ言ってモテますし行動的なので、メンタルが一般よりも強いです。

 

少しのトラブルでもなんとも思わない人が多いので不倫関係が解消となってもあまり気にしない人が多いです。

 

容姿ではなく、心が好きになった人を不倫相手に選んでしまうと本気の恋に陥る可能性が高いのでちょっと厄介です。

 

 

 

まとめ

 

本気になると抜け出せなくなる、、、不倫はまさにドラッグ!

 

燃え上がるような不倫!危険を危険と感じなくなる前に、不倫と向き合っていけば不倫を自然と楽しめるようになります。