電話のセックスに妄想力は必要か

MENU

電話のセックスに妄想力は必要か

 

電話のセックスに妄想力は必要か

 

皆さんは電話エッチする時に何を考えていますか?

 

自然と相手の裸や相手が感じている顔などを思い浮かべながら自慰に励んでいる人、

 

もしくは相手のエッチな声だけに五感を集中させて手を動かしている方もいるでしょう。

 

果たして電話でのセックス中にエッチな妄想をする必要はあるのでしょうか。

 

 

どんなプレイするかによりけり

 

テレフォンセックスのやり方次第で妄想することが必要になると思っています。

 

例えば、女性にバックから突きたいという願望を伝えます。そのプレイをする時に相手が自分に背を向けて四つん這いになっている姿を妄想しなければ後背位プレイが成り立ちません。

 

こういった場合は妄想する力が必要になってきます。

 

後背位プレイをするという目的が二人の間であり、女性も後背位プレイをしてるのを妄想しながら電話しているので互いに妄想していることが気持ちよく終われるためには重要になるのです。

 

 

妄想プレイをしない女性の急増

 

二人とも相手の声を聞きながら時には声を掛けたり喘ぎ合ったりしながら個々にオナニーをするのが目的の場合は特に妄想する必要はないでしょう。

 

女性が仕事で活躍するのも珍しくない昨今、結婚も彼氏もいない女性が年々増えています。

 

それでも夜は寂しくなるもので性欲には嘘をつけません。夜な夜な電話で気持ちよくなれる相手を探しているのは孤独に耐えられずに誰かと繋がりたいという思いがあるのでしょう。

 

ツーショットでもこういった女性と繋がる機会が増えていてるのが現状です。

 

仕事で活躍する女性ほどプライドが高い傾向があるので、妄想している自分が恥ずかしいという考えがあるので妄想プレイはせず、男性の声を聞きながらオナニーに集中するチャットオナニーが主体となります。

 

こういった女性が増えているということは妄想しない電話エッチの機会も増えているということになるので、女性側が妄想を求めていない場合があります。

 

 

妄想したいなら専業主婦

 

電話のセックスに妄想力は必要か

 

妄想しない女性が増えていて残念!と思っているなら妄想好きな女性を探せば幸せになれます。

 

妄想好きな女性は常日頃からエッチなことで頭がいっぱいな専業主婦を見つければよいのです。

 

なぜ専業主婦なのかといいますと、日中の昼ドラマ、ワイドショー、週刊誌などの媒体で毎日のように取り上げられている不倫問題に興味深々なのです。

 

主婦仲間の間でも当たり前のように不倫の話になり、中には「この間〇〇さんと寝ちゃった」など自らの不倫報告をする主婦もいるとか。

 

そういった周囲からの不倫ネタを聞いて興味があるんだけど自分にはちょっと。。

 

といった主婦は、会うのはダメだけど、声だけなら。。

 

という主婦が週刊誌の広告欄にあるツーショットの電話番号にかけてきます。

 

こういった専業主婦はバリバリ働いている女性とは逆に妄想のない相互オナニーが苦手で、何かしらの設定ありきの電話エッチを求めることが多いです。

 

電話する前にこういったプレイをしたいという希望を明確にしておくと電話が繋がった時にスムーズにエッチに突入することができるようになります。

 

 

まとめ

 

妄想しながらエッチな事を言い合いたいならば主婦が集まる人妻専門のツーショット番組で相手探しをすると相性の良い女性との出会いが見つかりますし、

 

妄想しないで一人エッチし合うパートナーを見つけたいならば人妻専門以外のツーショット番組を利用すると目的と一致する女性との出会える確率が高まります。

 

自分のやりたい電話エッチによって利用する番組をチョイスするようにするのがポイントです。